敏感肌さんの為の肌に優しいナイトブラ【天然素材のものなどおすすめ7選】

夜寝るときにつけるナイトブラ、つけたいんだけどチクチクしたり締め付け感が苦手、なんて人もいるのでは?

寝ているときにバストをサポートしてくれるナイトブラは、体型の変化が気になる方にはおすすめのアイテム。

でも、ナイトブラは速乾性のポリエステルなどの素材で出来ているものが多く、肌が荒れてしまったりトラブルをおこす場合もあります。

お肌が荒れやすかったり、敏感肌の方にはオーガニックコットンや、シルクなど肌に優しい天然素材の生地を使ったナイトブラがおすすめです。

お肌に優しい天然素材のナイトブラをいくつか紹介いたします。

コットンやシルクは肌に優しい?

ポリエステルなどの化学繊維で速乾性がないものは、あせをかくとペタッと肌にはりついて不快感を与えるだけでなく、肌トラブルの原因になってしまうことも。

また吸湿性がないと体も冷やしてしまう原因にもなります。

その点、通気性と吸水性の良いコットンやシルクだと安心なのです。

コットン

コットンは通気性の良さとふんわりした肌触りが魅力。

型崩れにも強く、吸水性と通気性に優れています。

肌への引っかかりが少なくふんわりとした柔らかいので、チクチクしたり肌が荒れたりというということが起こりにくい生地です。

シルク

シルクは吸湿性、放湿性に優れています。

しっかりと水分を保持し、余分な水分は放出してくれる生地。

シルクは人の肌にかなり近い、弱酸性のアミノ酸タンパク質でできている繊維のため、肌にやさしく、美容にも効果的な素材です。

さらにシルクには静菌作用もあるので、アトピーなどの敏感肌の方にはおすすめです。

敏感肌の人におすすめのナイトブラ

敏感肌の方は素材に気を付ける必要もありますが、ナイトブラはホールド力も大切。

お肌に優しく、バストをしっかり支えてくれるナイトブラをいくつか紹介します。

ふんわりルームブラ

ふんわりルームブラは見た目、機能性共に優れた人気のナイトブラです。

レースやサポートベルト部分はナイロンやポリエステルで作られていますが、お肌に直接触れる部分は綿100%で出来ています。

寝ている間のバストをしっかりホールドしてくれながらも締め付けず、優しくサポートしてくれます。

ブラデリス ナイトブラ

ナイトブラ全体が86%のほぼ綿(コットン)素材で作られていて、肌が敏感な方にもおすすめ。

バスト前のクロスしている構造によって、バストをアンダー・サイドからしっかりと持ち上げてくれてホールド力も高く、着心地が良いナイトブラ。

夜寄るブラコットン

サイドパネルにパワーネットを内蔵しているから、バストをしっかり寄せて横流れを防止。

レース部分以外はお肌に優しく肌触りがよく心地いい綿混素材で作られています。

バストの横流れを防ぎバストをしっかりキープして、快適な睡眠をサポート。

ワコール ナイトアップブラ

ワコール人間科学研究所の研究をもとに、寝ているときのバストを包み込むようにささえ、適正な位置に安定させる設計です。

本体生地はオーガニックコットン混のベア天竺を使用していて、睡眠中のバストの不快感をやわらげて、ここちよい眠りへと導きます。

Viage(ヴィアージュ)

背面着圧強化設計により、背中に逃げてしまったお肉をバストへ誘導してくれます。

コットン100%で作られた脇高設計によって、お肌に優しく寝ている間のお肉の横流れをガード。

ゴム編みの生地は高い伸縮性があり、しっかり補正してくれるのに締め付け感のない楽な着け心地です。

つけナイトブラ SILK

睡眠中に締めつけず・つぶさずにバストの形をふんわり優しく包み込みます。

背中部分はクロスで肩甲骨を寄せ、正しい姿勢での就寝を促します。

また肩紐が太く、しっかりバストを支えてストレスフリー。

内側はシルク100%で優しい肌ざわりです。

イーズクリエイション『シルクスムース・ノンワイヤーブラ』

敏感肌の方も安心してつけられるよう肌側に縫い代がありません。

軽やかに伸びる肌側シルクのニット素材で、適度にフィット。

とろけるような肌触りのシルク100%スムース生地を使用しています。

敏感肌の人がナイトブラ選びで気をつけること

敏感肌の人は、ナイトブラを選ぶときに素材だけでなく他にも気をつけたいことがあります。

・縫製の仕方
・清潔を保つこと

縫製の仕方

ナイトブラはしっかりとしたサポート力を出すためにロックミシンで縫製されている場合が多いです。

ロックミシンで縫製された縫い代が肌にあたると、敏感肌の人はかゆみやチクチクしたりする場合があります。

立体編みやメーカー独自の編み方をして肌への負担を減らしているナイトブラもあります。裁縫しないで接着している物もありますね。

また、タグが肌に負担を与えることも。

タグの内容が生地にプリントされていたり、肌に触れないところにタグがあるなど、お肌への負担が少ないナイトブラを選びましょう。

清潔を保つこと

敏感肌の人にとって清潔を保つことがとても大切です。

寝ている間、私たちは汗をかいたり老廃物を排出しています。

肌に直接触れるナイトブラは思った以上にそれらを受け止めています。

敏感肌にとって汚れた下着はお肌の負担に。

一日使ったナイトブラは洗濯しましょう。

まとめ

敏感肌の人も自分に合ったナイトブラを選ぶことで、トラブルなく快適に過ごすことが出来ます。

お肌のトラブルを我慢することなく、気持ちよくつけることが出来るナイトブラでしっかりバストケアをしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です