ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
投稿者: eguchi 投稿日時: 2011-2-15 17:55:45 (1118 ヒット)
XOOPS

後援セミナー「特別講演会」のご案内

福岡ITコーディネータ推進協議会のサイト会員の皆様へ

当協議会が後援しているセミナーのご案内です。
ITCポイントの付与はありませんが、非常に勉強になる内容と思います。
なお、当協議会のサイト会員の皆さまは、後援団体会員として割引価格で
受講出来ます。
ただし、申込時に区分「福岡ITコーディネータ推進協議会」として下さい。


■■■■■■■■■■   特別講演会のご案内   ■■■■■■■■■■

         特定非営利活動法人 日本システム監査人協会 九州支部
                          支部長 中溝統明

 このたび、特定非営利活動法人 日本システム監査人協会(SAAJ) 九州支部
において、特別講演会を開催致します。「東証新売買システム(arrowhead)
の開発経緯について?上流工程の取り組みとその効果?」をテーマに株式会
社東京証券取引所の鈴木義伯様にご講演を頂きます。本講演架会は昨年12月
に開催予定でしたが、諸事情で延期となり、鈴木様のご好意により改めて開
催することとなりました。
 ご存知のとおり、東京証券取引所の新株式売買システム(arrowhead)は
「IT Japan Award 2010」(日経コンピュータ)のグランプリを受賞し、
「新時代を切り拓くIT活用事例」として高い評価を受けています。東京証券
取引所のCIOとして新株式売買システムの開発を推進・統括された立場から
のご講演は、情報システムに携わる多くの技術者、管理者、そして経営者の
みなさまにとって有意義なものなると確信しております。多くのみなさまの
ご参加をお待ちしております。

               記

■特定非営利活動法人 日本システム監査人協会 九州支部 特別講演会

★日 時:平成23年3月24日(木)18:30?20:30
★会 場:天神パークビル会議室
     福岡市中央区大名2丁目8-18
     http://www.marketwalk.co.jp/map/index.html
★主 催:特定非営利活動法人 日本システム監査人協会(SAAJ)九州支部
★後 援:システム監査学会(JSSA)
     福岡ITコーディネータ推進協議会
     日本ITストラテジスト協会(JISTA)九州支部
★テーマ:「東証新売買システム(arrowhead)の開発経緯について
      ?上流工程の取り組みとその効果?」
★講 師:株式会社東京証券取引所
     専務取締役・最高情報責任者(CIO)鈴木 義伯 氏
★骨 子:2010年1月4日に稼動した東証新売買システム(arrowhead)の開発経緯
     や稼動後の状況について説明する。
     特に処理スピードはミリセカンドレベルの世界最高水準を実現しつつ、
     業界のインフラとして円滑にシステム移行が実現できており、その
     取り組み(特に上流工程)について紹介する。
★会 費:SAAJ会員、後援団体会員 2,000円、一般 3,000円
★定 員:40名(予定)

★申 込:お問合せ、申込み先:九州支部事務局(福田)k_fukuda@js3.so-net.ne.jp
     事務局までメールにて「特別講演参加申込み」として3月21日(月)までに、
     以下の書式にてお申込み下さい。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
日本システム監査人協会 九州支部 特別講演会 参加申込み
氏名 (              )
所属 (              )
メールアドレス(              )
区分(該当する区分以外を削除してください)
  SAAJ会員/JSSA会員/福岡ITコーディネータ推進協議会会員/JISTA会員/一般
  ↑
 ※「福岡ITコーディネータ推進協議会」だけを残してください。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
※収集した個人情報は本講演会でのみ使用致します。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
☆ 福岡ITコーディネータ推進協議会
★  広報交流委員 委員長 江口 聡
☆ URL:http://fukuoka-itc.jp/
★ E-mail:info@fukuoka-itc.jp
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


投稿者: eguchi 投稿日時: 2011-2-4 17:07:42 (1049 ヒット)
XOOPS

福岡ITコーディネータ推進協議会 & 情報処理推進機構(IPA) 共催 
   「第13回 定例セミナー」のご案内                     

詳細な内容や、申し込み方法は 『イベント案内』 をご覧ください。

◇日 時:平成23年3月5日(土)10時00分?17時00分
◇定 員:70名
◇受講料:当協議会正会員:1,000円
     一般(サイト会員) :2,000円
◇場 所:福岡商工会議所604号会議室
      福岡県福岡市博多区博多駅前2-9-28
      http://www.fukunet.or.jp/rooms/index.html
◇主  催:福岡ITコーディネータ推進協議会
      情報処理推進機構(IPA)/ソフトウェアエンジニアリングセンター
◇後  援:特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
◇申  込:『イベント案内』をご覧ください。


投稿者: eguchi 投稿日時: 2011-1-18 11:08:49 (984 ヒット)
XOOPS

ITコーディネータ グループ勉強会 「2010年度 第3回 合同勉強会」のご案内

詳細な内容や、申し込み方法は 『イベント案内』 をご覧ください。

◇日  時:平成23年2月19日(土)第1部:13時00分?16時40分 第2部:17時00分?18時00分 第3部:18時30分?21時00分
◇定  員:30名
◇参加料金:合同勉強会:500円(会場費補てんと資料コピー費用に充当)
         プチ懇親会:500円(飲み物と軽食に充当)
         セット合計:1000円
         情報交換会:別途当日ご連絡
◇場  所:キャナルシティ博多 ビジネスセンタービル4階(案内板有)
      福岡市博多区住吉1?2?25
◇主  催:2003年B591グループ
◇後  援:福岡ITコーディネータ推進協議会
◇申  込:『イベント案内』をご覧ください。


投稿者: eguchi 投稿日時: 2011-1-6 16:59:20 (1062 ヒット)
XOOPS

福岡ITコーディネータ推進協議会&熊本ソフトウェア株式会社共催 「品質管理PM概要(プロマネ入門)コース」のご案内

詳細な内容や、申し込み方法は 『イベント案内』 をご覧ください。

◇日  時:2011年2月5日(土) 9:30?17:30
◇定  員:30名
◇参加料金:『イベント案内』をご覧ください。
◇場  所:福岡県中小企業振興センター 302会議室  http://www.joho-fukuoka.or.jp/hall/index.html
      福岡市博多区吉塚本町9?15
◇主  催:福岡ITコーディネータ推進協議会
      熊本ソフトウェア株式会社
◇後  援:特定非営利活動法人 ITコーディネータ協会
◇申  込:『イベント案内』をご覧ください。


投稿者: eguchi 投稿日時: 2010-11-27 18:48:48 (1140 ヒット)
XOOPS

いま話題の事業仕分けですが、IPA の事業も俎上に載せられまして、
情報処理技術者試験は「民営化・民間実施」との評価になりました。
まずは皆様の参考までに該当部分の資料を転載しておきます。

http://www.shiwake.go.jp/details/2010-11-18.html#B-26
B-26: (独)情報処理推進機構
(3)高度IT人材の育成 (→事業シート(3))
がそれです。

-----------

【評価者のコメント】

●民間として十分まわるレベルにある。
 この受益は、むしろ業界全体なので、業界団体という形になるのが
 ふさわしい。この収益でセキュリティ事業を行うという方法もある。
 セキュリティ事業も、結局は業界が受益である。

●(1)、(2)との関連で、民間の事業として行ってもよい。

●国際相互認証を維持することを考え、独法実施を継続する。
 ただし、試験料の見直しは必要。

●人材育成は民間でビジネスにもなっている。
 10年前、20年前とは違う。

●あれば使うが、なくなっても実務上は全く困らない。
 試験のレベルも高くない。実務能力は測れない。

●IT風土は十二分に浸透している。
 成熟市場をベースに今後の方向性を考える時期。

●試験事業の採算向上に努め、運営費交付金を縮減。

●試験そのものについては、国(独法)の主催とすることで、資格の
 魅力も高まり、海外へのプレゼンテーション力も高まると思われる。
 スキル標準・研修は、民間で十分実施可能であり、かつ、試験内容
 について国(独法)のコントロールがあれば、一定の水準が保てる
 ように考えられる。

●他業界では、業界内の公益法人が実施しているケースが多い。
 国が試験を行う資格については、できる限り限定すべき。
 もっと効率化すれば、受験料を安くし受験する人の負担を減らせる
 のではないか。

●民営でできる。


【評価結果】

民営化・民間実施

(1) 廃止 2名
(2) 見直しを行う 9名
 ア 試験の企画・問題作成を含め、完全に民営化・民間実施 6名
 イ 試験の企画・問題作成は国で行い、試験運営業務を民間実施 1名
 ウ その他 2名
(3) 見直しを行わない 0名

本事業については2つに分けて評価する。

一つは試験事業であるが、そもそも不要で廃止とした方が2名、事業・
組織の見直し行うが9名、その内訳として民営化・民間で実施すべき
6名、試験の企画・問題作成は国あるいは独法が行い運営自体は民間
で行うが1名、その他2名だった。
評価者からのコメントとしては、民間で十分実施が可能、という意見
がある一方で、独法で行うことによる魅力というものも勘案すべき、
あるいは試験料を見直すことも必要だ、という意見もあった。
以上を踏まえ、多数意見に従い、本WG としては試験事業については
民営化・民間実施を結論としたい。

また、試験以外の事業(スキル標準、研修等)については、そもそも
不要で廃止すべきが3名、事業組織の見直しを行うが8名。
これについても、民営化・民間実施という意見が一番多く、7名いた。
その他1名だった。

評価者からは試験事業以上に、民間で十分であるという意見が多かった。
以上を踏まえ、本WGとしては試験と同様に民間で実施を結論としたい。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
☆ 福岡ITコーディネータ推進協議会
★ 広報交流委員会 江口 聡(Eguchi Satoshi)
☆ URL:http://fukuoka-itc.jp/
★ E-MAIL:eguchi.satoshi@fukuoka-itc.jp
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


« 1 ... 29 30 31 (32) 33 34 35 »