10代のみなさんがいちご鼻を治す効果的な方法とは。ニベアを使った方法もあるの?

みなさん、いちご鼻気になってませんか?

いちご鼻とは、その名の通りまるでいちごの黒いてんてんのように鼻の毛穴が角栓などにより黒くなってしまうことです。鼻は、顔の中でも中心に位置し、目が行きやすい部分ですので綺麗に保っていたいですよね。

そこで今回は成長期で肌も揺らぎやすい10代のみなさん必見!身近にあるもので簡単にいちご鼻を改善する方法をご紹介します。

いちご鼻にはニベアが有効って本当?

いちご鼻を一時的に改善する方法としてニベアが使えることはご存知ですか?
この方法はとても単純で、手順は以下の通りです。

1. ニベアのクリームを鼻全体に厚めに塗る
2. 1の状態の上にラップをする
3. そのままお風呂に浸かる
4. 10分程度してからいつも通りの洗顔をする    です。

いちご鼻が気になる時は、鼻の穴の中に角栓や皮脂汚れが詰まっている状態です。
そのため、もちろん押し出せば瞬間的には綺麗にすることができます。

しかし、この方法だと押し出した時に肌への刺激が強いことと毛穴が開いてしまうため、更に悪化してしまう恐れもあります。それに比べ、今回のニベアを使った方法は刺激が強すぎず緩やかに効果を期待できます。

1度で効果を期待したい人や緊急で治したい方にはお勧めできかねますが、少しずつでもいいから効果が欲しいという方にはお勧めです。

また、もともと肌の保湿のために使用されているニベアなので鼻だけでなく、顔全体に同様の方法でパックをすることで肌がモチモチに。また、トーンアップの効果も期待できますので、気になった方はぜひ実践してみてくださいね。

ニベアの応用編?

上記でニベアを使った最も一般的な鼻パックの方法をご紹介しました。そこで次は少し応用編をご紹介します。

それは、綿棒を使った方法です。この方法は以下の通りです。

1. 蒸しタオルを鼻に10分程度あてる
(蒸しタオルは、濡らして絞ったタオルを電子レンジで30秒程度温めれば完成です)
2.ニベアのクリームを鼻全体に厚めに塗る
3.濡らした綿棒で鼻をくるくる優しくこする
4. 出てきた角栓や汚れが残らないように優しく洗い流す
5. 鼻の保湿をいつもより丁寧に行う           です。

この方法は、事前に鼻の毛穴を開かせ、ニベアを介しながら鼻の中の汚れを出す方法です。
今回は、ニベアで紹介していますが同様のやり方でベビーローションを使った方法もあります。

この方法は、応用編なのでラップで鼻パックをするときよりも刺激は強めです。そのため、毎日ではなく、多くても週に2度程度で実践してください。

また、注意点は強い力で擦らないという点です。すでに、述べたように蒸しタオルで通常より鼻の毛穴が開いている状態のため、とても敏感になっています。そのため、少しの力でもいつも以上に刺激を与えてしまうため“優しく擦る”を頭の中に留めて置いてください。

手軽なものでも対処可能ないちご鼻

今回はいちご鼻を身近なものを使って改善する方法をご紹介しました。いかがでしたか?

ニベアやベビーローションでもすぐに実践できるとなると気になりますよね!
しかし、この方法は1度で大きな変化を期待するものではないので、1回実践して思うような効果が得られなくも諦めないでくださいね。

少しずつ、確実に効果は期待できます。

また、成長期のみなさんは何かと肌のトラブルが気になる時期かと思いますが
何よりも“基本に忠実に”することが大事です。

・肌を触らない
・必要以上のケアをしない
・健康的な生活(運動、食事、睡眠)を送る     なども忘れないでくださいね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です