ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
担当者 norandot  登録日時 2017-9-6 10:31 (1137 ヒット)

IT経営カンファレンス2017 in 福岡
小さな会社の稼ぐ技術−IT経営への取組と実践成功事例紹介



福岡ITコーディネータ推進協議会は、中小企業経営者の方々の
IT経営推進強化を目指し、九州の中小企業における
「IT経営への取組と実践成功事例紹介」を実施するために
「IT経営カンファレンス2017 in 福岡」を開催します。


日時:2017年10月7日(土) 13:00〜17:00(受付開始12:30〜)
会場:福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センター 5階セミナールーム
   福岡市博多区博多駅東1-17-1(JR博多駅 筑紫口より徒歩5分)
参加者:経営者または経営に携わる方、支援者、ITコーディネータほか
参加費 無料(交流会含む。ITCポイント付与の場合は2000円)
定員:80名

【案内チラシ】
https://drive.google.com/file/d/0B5R1V5fZHbq5QW5Cay0zZi1BZ2M/view?usp=sharing

【一般向け申込フォーム】
https://goo.gl/3qkJkV

開始時間 13時00分
定員数 31人 (予約数 29人)
予約締切時間 2017-10-3 13:00
担当者 norandot  登録日時 2017-9-4 17:23 (174 ヒット)

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会(SAAJ)の本年度の西日本支部合同研究会は福岡での開催となります。

『いま、中小企業に求められるリスクマネジメントとシステム監査』のテーマでセミナーを開催します。
ITCポイント対象ですので是非参加をご検討ください。


●こんな方におすすめ
中小企業に求められるリスクマネジメントやシステム監査について関心を寄せているITCの皆様



●主な内容
〇講演1「システム開発作業を外部委託する場合の留意事項について」 近畿支部 三橋 潤 氏
〇講演2「身の丈にあったリスクマネジメントについての考察」中四国支部  廣末 浩之 氏
〇講演3「中小企業が成長するためのシステム監査」北信越支部  清水 尚志 氏
〇講演4「個人情報取扱いシステムにおける要件定義工程の進め方提言
     −中小企業へ適用拡大した改正個人情報保護法を意識して−」中部支部  栗山 孝祐 氏
〇講演5「JISQ15001改正案についての考察」九州支部  舩津 宏 氏

開始時間 13時00分
定員数 60人
担当者 aganiron  登録日時 2017-6-12 9:38 (508 ヒット)

☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
              《福岡ITコーディネータ推進協議会 第24回定例セミナー(ご案内)》
                    2017年7月29日(土) 14:00−18:00
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆

うっとうしい降雨に入りましたが、季節とはうらはらに晴れやかにご活躍のこととお喜び申し上げます。このたび当協議会では第24回定例セミナーを開催することになりました。

今回のセミナーのテーマは「農業と最新IoTのコラボレーション」です。

<本セミナーのねらい>
我が国は、超高齢社会、本格的な人口減少社会の到来に加え、グローバル化や情報化が進展 し、そのスピードも加速し、従来のやり方や考え方の変革が迫られています。

一方、地域の様々な関係者が自らの強みを見つめ直し、新しいテクノロジーをうまく取り入れ、創意工夫を発揮して新連携を図りや海外への輸出などに挑戦し、新たな価値の創出と 市場の開拓を実現する取組も始まっています。

本セミナーでは「農業分野」を取り上げます。あまり知られていない農業分野の成長産業化のための産業政策と、農業・農村の有する多面的機能の維持・発揮を促進するための地域政策の動向やIoT活用事例を紹介するとともに、グループディスカッションを通して、農業分野における経営変革推進のヒントを得ることが目的です。

■テーマ1.「農業成長戦略×IT」

・講師 [中尾 克代](アイティ経営研究所代表)

・講演内容
 農業が産業として自立し、効率的かつ安定的な農業経営を継続するためには、「供給」「需要」「バリューチェーン」の3つの柱の強化を図り「攻めの農業経営」を実践する必要があります。
 つまり、生産コストを削減し高品質で安定的な工程管理、顧客目線による需要の拡大、そして最後に安定的な流通の実現と変革が求められています。このような3つの柱の変革においては、課題解決の道具としてITの導入が効果を発揮します。
 農業分野における現状や課題と「攻めの農業経営」の実現のためにどんな解決策や施策があるのか国の施策や解決のためのヒンをご紹介します。

・講師プロフィール
 熊本県企画開発部を経て、デザイン専門学校副校長、電子機器メーカー品質管理を担当。2010年よりアイティ経営研究所を設立。
 ITコーディネータ、プライバシーマーク主任審査員、ISO審査員、6次産業化プランナー、食品安全マネジメントシステム審査員等の資格を保有し、現場改善や品質管理を中心に農業者や中小企業の経営課題解決の支援を実施。
 2014年支援企業が経済産業省主催の中小企業IT経営力大賞の経済大臣賞を受賞、2017年攻めのIT経営中小企業百選に支援企業2社が選定された。
 くまもと産業支援財団登録専門家、大分県産業創造機構、ミラサポの登録エキスパート
 福岡ITコーディネータ推進協議会及び熊本県ITコーディネータ協会 理事

■テーマ2.「農業IoT事例紹介」

・講師 [富山 孝治](株式会社システムフォレスト代表取締役)

・講演内容
 福岡県が公開した「福岡県IoTビジネスモデル先進事例調査報告書」に掲載している「実践的農業IoT先進事例」を2件紹介します。
 今後の農業分野でのIoT事業の推進な役立てていただければと思います。
 ※【事例集ダウンロード先】http://www.digitalfukuoka.jp/topics/97?locale=ja

 ヽ式会社セラク
  温室内環境遠隔モニタリングシステム「みどりクラウド」
 株式会社ファームノート
 「クラウド牛群管理システム」

・講師プロフィール
 株式会社KIS(旧熊本情報処理センター)にて、システムエンジニアとして自治体向けシステム開発に従事。
 その後、NECネクサソリューションズ(旧NEC情報サービス)へ出向し、官公庁向けのサービス開発を担当。
 2004年有限会社システムフォレストを設立、代表取締役に就任。
 クラウドサービス専業会社として急成長し地方創生モデルの一例となる。
 クラウドを活用した企業の業務改善、生産性向上、営業の仕組みづくりなどのコンサルティングサービスを得意とする。
 2016年3月株式会社ウフルと経営統合。同年7月株式会社ウフル執行役員就任。



皆さまの積極的なご参加を心よりお待ちしております。


 
                          福岡ITコーディネータ推進協議会 会長        中村 光善
                                           教育委員会 委員長 森  俊英




申込は、福岡ITコーディネータ推進協議会のホームページの「イベント案内」から予約をお願いします。




申込は、ログイン後イベント案内より予約申込をお願いします。

なお、ご使用のWebでエラーとなる場合はIE から申し込んでください。

開始時間 14時00分
定員数 35人 (予約数 35人)
予約締切時間 2017-7-21 14:00
担当者 aganiron  登録日時 2017-4-25 9:48 (476 ヒット)

☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                    《「2017年度 第1回 九州ITC合同研鑽会」(ご案内)》
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆

 当研鑽会は、福岡で開催されたITコーディネータのケース研修終了後に、グループ勉強会として生まれ、今や他地区のケース
研修修了者もまじえた複数のグループが、共同でITコーディネータの研鑽と親睦を目的として、研鑽会を年に3回の頻度で開催
しているもので、自由にどなたでも参加できます。

 この研鑽会は、ITコーディネータ協会ITCポイントの「3.ITC届出組織主催の研修・セミナー」に該当します。
上限はなく、2時間1ポイント換算のポイントが取得できます。

 今回は、「B391(2004)」のグループの方が中心となって開催します。

 今回のテーマも自信を持ってお勧めできる素晴らしい内容となっておりますので積極的なご参加をお待ちしています。

■中村 光善氏 発表テーマ1

 内部統制と言えばCOSOフレームワークですね。その一つにモニタリングがあります。
内部監査は内部統制システムの有効性を検討・評価するモニタリング業務そのものが有効であるかを、検証する機能として
の役割を持っています。
今回はマイナンバー制度を通じて、内部監査を勉強してみましょう。
マイナンバー制度の簡単な復習と、ガイドライン/安全管理措置で定められた「定期的な点検・監査」や「委託先の必要
かつ適切な監督」等実施事業者にとっての対応策、内部監査に当たって利用できる具体的な規程類、帳票類や業務フロー
のサンプルを活用し、内部監査のための手順を理解します。

■栗脇 昭博氏 発表テーマ2

・テーマ2−1:熊本ITCと協業した「熊本地震から学ぶこと、ITCの役割について」ワークショップ報告

 熊本地震からほぼ1年が経過しましたが、九州の私たちにとっては、まだまだ大きな衝撃が残っています。
仲間である熊本ITCメンバーの中にもいろいろな被害に遭遇された方がおられます。
一方ITCとして当時の貴重な体験や思いを何らかの形で残しておきたいという意見が熊本ITCから提示されました。
 ファシリテータとしてこのワークショップを支援されました栗脇氏より、そのワークショップの進め方と結果を
 皆さんにお伝えしていただきます。

・テーマ2−2:ITCAの動向に関して

 2015年度からITCAの理事に就任されております栗脇氏より、ITCAの理事会/総会で提供されるITCAの事業戦略や
ITCA/ITCを取り巻く環境を皆さんにフィードバックしていただきます。


■森 俊英氏 発表テーマ3

FISA(一般社団法人 福岡県情報サービス産業協会)は、「平成28年度 福岡県IoTビジネスモデル先進事例調査業務」
を、福岡県Ruby・コンテンツビジネス振興会議様から受託し、「IoT事例集」としてとりまとめました。
本事例集は、「’清函食品、医療・福祉、エネルギーマネジメントシステム、だ菴IoTインテグレータ、
ゥ如璽寝鮴蓮↓IoTセンサーメーカー、IoT通信プロバイダー、┘疋蹇璽鵝↓IoT関連情報サイト」と多くの分野
について、全国のIoT先進事例を調査したものです。

本事例集の内容を説明するとともに、明らかになってきた「IoT市場の”今”」をご説明します。



さあ、ITコーディネータの皆さん

始めませんか将来への投資! あなたの実力を磨くための合同研鑽会。

知らないでは済まされない! このポイントを押さえればあなたの強い味方になります。

参加して納得! 先着順40名しか体験できません。

あなたにポイントを! 研鑽会参加で資格更新が容易にできます。


今回も好評の「プチ懇親会」を研鑽テーマ発表会に引き続いて同じ会場で軽食と少しの飲み物を持ち込んでのケータリング
形式で行ないますので、ご気軽に参加してください。
なお、いつもように情報交換会(懇親会)を別会場で引き続き用意しておりますので、自己研鑽と交流を深めてください。

 皆さまの多数のご出席を頂きたく、ここにご案内申し上げます。


 なお、申込登録内容は、研鑽会世話人に開示致しますことを、ご了承願います。

                               福岡ITコーディネータ推進協議会 会長    中村 光善
                               九州ITC合同研鑽会       代表世話人 和田 憲長





申込は、ログイン後イベント案内より予約申込をお願いします。

なお、ご使用のWebでエラーとなる場合はIE or Microsoft Edge から申し込んでください。

開始時間 13時00分
定員数 40人 (予約数 39人)
予約締切時間 2017-6-16 13:00
担当者 norandot  登録日時 2017-5-11 11:22 (129 ヒット)

青葉の候、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。


記録管理学会2017年研究大会のお知らせです。
下記内容のうち、14:30からの特別講演について
ITコーディネータの方は、実践力ポイントが付与されますので、
以下ご参照の上、参加をご検討ください。

福岡ITコーディネータ推進協議会
広報交流委員会 槇本典之

開始時間 14時30分
担当者 dao1214  登録日時 2017-2-24 8:41 (136 ヒット)

■日時:平成29年3月11日(土) 15:00〜17:00(受付開始14:30)
■実践力ポイント:0.5(2時間分)付与
■場所:福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センター セミナールームA
住所:福岡県福岡市博多区博多駅東1丁目17-1 5階
アクセス:博多駅筑紫口から徒歩5分、福岡空港から地下鉄利用で徒歩を含め10分
http://frac.jp/about/

■講演者:柴田 昭 氏(ISACA東京支部理事 / 日本情報産業株式会社執行役員)
テーマ:「AI(人口知能)ウォッチング -Deep Learningを核に近未来を考察する-」
概 要:"AIは「第三次ブーム」の今、本格的に実用化の時代を迎えた。Deep Learningの技術的背景、
ビジネスを含む人間社会への影響を国内外の情報を交えて紹介し、「つい数年先」を展望、考察する。"

また講演終了後に、17:15〜19:15の予定で懇親会(会費4千円)を行います。
■懇親会のお店:博多漁家磯貝 しらすくじら エキサイドビル店
福岡市博多区 博多駅中央街 1-1 デイトスアネックス店 2F
https://retty.me/area/PRE40/ARE126/SUB12802/100000703026/
こちらのほうにも、ぜひご参加いただきますようお願いいたします。

参加申込は、下記出席要領に従って下さい。
==================================
特別セミナーの参加申込について:
(1)会費
ISACA、SAAJ、システム監査学会の各会員は無料
上記の会員以外は1,000円 (会費は当日徴収いたします)

(2)出席連絡方法
ISACA福岡支部事務局 < info@isaca-fukuoka.org > 宛に出席内容をメール
して下さい。
メール本文の内容は、最後に記載している<出席報告の内容>をコピーして
ご使用下さい。
なお、申込み締切は設けませんが、開催日前々日までに申込み頂ければ幸い
です。
-------<出席報告の内容:※ここからコピーしてご回答下さい>------------
----------------------------------------------------------------------------------------------
氏名:
----------------------------------------------------------------------------------------------
会員区分:ITCか否か?
      ※ITコーディネータの方には、実践力ポイント0.5(2時間分)の修了証を発行いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------
緊急時連絡先(メールアドレス):
※特別な事情により月例会等を中止せざるを得なくなった場合等に、
通知可能な緊急連絡メールアドレスをご記入下さい。
なお、未記入の場合には、送付されたメールアドレスに対して、
緊急連絡させて頂きます。
----------------------------------------------------------------------------------------------
・特別セミナーに(出席・欠席)します
・懇親会 / 会費4千円に(出席・欠席)します

----------------------------------------------------------------------------------------------

開始時間 15時00分
担当者 aganiron  登録日時 2017-1-26 13:38 (605 ヒット)

☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                    《「2016年度 第3回 九州ITC合同研鑽会」(ご案内)》
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆

 当研鑽会は、福岡で開催されたITコーディネータのケース研修終了後に、グループ勉強会として生まれ、今や他地区のケース
研修修了者もまじえた複数のグループが、共同でITコーディネータの研鑽と親睦を目的として、研鑽会を年に3回の頻度で開催
しているもので、自由にどなたでも参加できます。

 この研鑽会は、ITコーディネータ協会ITCポイントの「3.ITC届出組織主催の研修・セミナー」に該当します。
上限はなく、2時間1ポイント換算のポイントが取得できます。

 今回は、「他地区ケース研修」グループの熊本在住のお二方が中心となって運営します。

  桐原 光洋様 熊本市CIO補佐(2009年より現職)ITコーディネータ(G1 2001登録)
 
  松岡 祥仁様 株式会社CLOUD-IA(代表取締役)ITコーディネータ(熊本県ITコーディネータ協会所属)

 今回のテーマも自信を持ってお勧めできる素晴らしい内容となっておりますので積極的なご参加をお待ちしています。

■桐原 光洋様のセション1

【セション1】「リスクコミュニケーション体験演習『クロスロード』」

「クロスロード」とは日本語で「交差点」。すなわち「進退を決すべき岐路」を示します。
研修としての「クロスロード」は、阪神・淡路大震災での神戸市職員の実体験を基に、災害時の緊急時対応をシミュレーション
するためのゲーム形式の研修素材として京都大学が開発したものです。
緊急時に意思決定を求められる局面。たとえば、「人数分用意できない緊急食料をそれでも配るか?」、「学校教育の早期再開
を犠牲にしても学校校庭に仮設住宅を建てるか?」といった、ジレンマを伴う重大な決断を求める設問に対して、研修参加者は
緊急時対応を自らの問題として主体的に考え、かつ、自分とは異なる意見・価値観の存在への気づきを得ることを狙いとします。
今回の研修では「クロスロード」の手法を用いて、熊本地震におけるICT部門のDR*1やBCM*2の意思決定を体験するとともに、
DRやBCMに関する情報を研修参加者で共有することを狙いとします。

*1 DR Disaster Recovery 災害復旧
*2 BCM Business Continuity Management 事業継続マネジメント

■桐原 光洋様のセション2

【セション2】「平成28年熊本地震 ICT部門におけるDR・BCMの実際」

気象庁観測史上初めて、近接した場所と時間に震度7を2回記録した熊本地震。発災後すでに10ヶ月が経過しましたが、
復旧・復興の取り組みは今も続いています。
未曾有の災害に直面して、ICT部門はどのように対応していったのか。
また、初動・応急・復旧・復興の各段階で、ICTはいかに貢献したのか。さらに、課題として何が残されたのか。
DRやBCMの観点を交えてご説明いたします。

■松岡 祥仁様のセション

【セション3】CSIRT(シーサート)情報セキュリティインシデント発生時におけるセキュリティ管理者としての対応について

CSIRT(シーサート)とは、Computer Security Incident ResponseTeamの略で、インシデントレスポンスを行う専門組織の総称です。
ウィルス感染や不正アクセス、不正侵入、データの改ざん、情報漏えいなど、コンピューターやネットワークのセキュリティを
脅かす事象(インシデント)に関する報告を受け取り、調査し、対応活動を行う組織のことです。
今回は参加者の皆さんが「セキュリティ管理者」という前提で、「インシデントが発生したら最初にナニをしたらいいのか?」
ということについて初歩的なことをご説明いたします。


さあ、ITコーディネータの皆さん

始めませんか将来への投資! あなたの実力を磨くための合同研鑽会。

知らないでは済まされない! このポイントを押さえればあなたの強い味方。

参加して納得! 先着順40名しか聞けません。体験できません。

あなたにポイントを! 研鑽会参加で資格更新が容易にできます。


今回も好評の「プチ懇親会」を研鑽会に引き続いて同じ会場で軽食と少しの飲み物を持ち込んでのケータリング形式で
行ないますので、ご気軽に参加してください。
なお、いつもように情報交換会(懇親会)を別会場で引き続き用意しておりますので、自己研鑽と交流を深めてください。

 皆さまの多数のご出席を頂きたく、ここにご案内申し上げます。


 なお、申込登録内容は、研鑽会世話人に開示致しますことを、ご了承願います。

                               福岡ITコーディネータ推進協議会 会長    中村 光善
                               九州ITC合同研鑽会       代表世話人 和田 憲長



申込は、ログイン後イベント案内より予約申込をお願いします。

なお、ご使用のWebでエラーとなる場合はIE から申し込んでください。

開始時間 13時00分
定員数 40人 (予約数 28人)
予約締切時間 2017-2-16 13:00
担当者 dao1214  登録日時 2017-2-2 9:13 (120 ヒット)

平成28年4月の熊本地震では大分県内にも大きな被害が発生し、県民の間には防災への
関心が高まっています。東日本大震災以降、災害時のICT活用についての取組みが進み、
活発な研究がなされ、その成果が今後の防災対策に生かされることが期待されます。
今回のハイパーフォーラムでは、東日本大震災、熊本地震などにおける経験と教訓の共有
を行うとともに、参加者によるワークショップを実施し、今後の防災へのICTの効果的な
利活用の推進の場とします。
どうぞ奮ってご参加ください。

          - 記 -

日 時 :2017年2月8日(水) 13:30〜17:00
                  (13:00より受付開始)
場 所 :ソフィアホール(大分第2ソフィアプラザビル2階)
      大分市東春日町51−6
      (駐車場はございません)
定 員 :100名(一般公開・参加無料)
申込締切:2月7日(火) 定員になり次第受付終了予定
主 催 :大分県、公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所

【プログラム】

第1部  講 演      (13:30 〜 16:00)
1. 熊本地震から学ぶ災害時のICT活用報告
松岡祥仁 (株)CLOUD-IA 代表取締役

2. 住民としての被災経験を通して
工藤英幸 (株)情報開発研究所代表取締役

3. 自治体と民間の連携 阪神・淡路、東日本、熊本の震災から学ぶ
宮川祥子 慶應義塾大学 看護医療学部准教授

4. 講師討論:熊本地震から学ぶ災害時のICT活用について
司会:会津泉 ハイパーネットワーク社会研究所主席研究員

第2部 ワークショップ   (16:00 〜 17:00)
〜次の災害に備えるICT活用法〜
参加者で小グループを作り、テーマ別に次の災害に備えてすべきことを
討論・発表して頂くワークショップを実施します。

(※ プログラムは変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。)

【フォーラム参加申し込み方法】
WEB(http://www.hyper.or.jp/forum76/)のお申込みフォーム、
または下記の事項を記載いただき、メール(forum76@hyper.or.jp)か
、FAX(097-537-8820)でお申込みください。

氏(ふり) 名(がな)、会社名、電話番号またはメールアドレス

※上記の情報は、本フォーラムの受付・連絡以外に、当研究所が主催する
情報社会全般に関するセミナーなどのご案内にも使用させていただくことを予めご了承ください。
会場には駐車場がございませんので、公共交通機関もしくは近隣の駐車場をご利用ください。

【問い合わせ先】公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所 (担当:加藤、植木)
〒870-0037 大分市東春日町51-6 大分第2ソフィアプラザビル4F
TEL:097-537-8180 FAX:097-537-8820 e-mail:forum76@hyper.or.jp


開始時間 13時30分
定員数 100人
担当者 dao1214  登録日時 2016-11-29 22:35 (244 ヒット)

☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
        《 フォローアップ研修福岡開催のご案内 》
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆

 2013年度、2014年度、2015年度にITC資格を取得された皆様。お待たせしました。
ケース研修が新体系に移行されてからの課題であった、フォローアップ研修の一つ
が福岡で開催されます。
以下の要領で開催しますので、皆様ふるってご参加ください。

なおこの研修は、フォローアップ研修必須者以外の一般のITCの方も受講可能です。
ITCA主催研修としての通常のポイント(3ポイント)が付与されます。
(ただし受講料の優遇はありません)

多くのITCの皆様の出席をお待ちしております。

           福岡ITコーディネータ推進協議会 会長 中村 光善

開始時間 10時00分
定員数 10人
担当者 dao1214  登録日時 2016-10-11 17:54 (538 ヒット)

富士ゼロックス2016年度ソリューションフェアのご案内を致します。

日時    : 2016年10月24日(月)・25日(火)
展示・デモ : 24日 11:00〜18:00 : 25日 9:00〜17:00
セミナー  : 両日とも 9:15〜17:30
会場    : ホテルオークラ福岡
受付    : 平安(4F) 主催 : 富士ゼロックス株式会社

今こそ、ワークスタイルイノベーションを!
労働人口の減少、グローバル化の進展、脱系列の加速といった環境の激変に対応しつつ、
ステークホルダーの多様な要求にタイムリーに応える企業のみが生き残る時代。
多くの企業が成長性と収益性の両立や事業の高付加価値化に向けて、ICTの導入や企業間
提携などに精力的に取り組んでいます。
そんな取り組みの中で、今ひときわ注目を集めているのが、“働き方変革”です。真に
創造的な働き方を実現するためには、ICT活用はもちろん、現場での実践経験やそこから
得られたノウハウ、意識改革こそが、“価値”として求められているのではないでしょうか。
今回開催するNew Value Circus 2016 MAGIC! WAVEのテーマは、「ワークスタイルイノベー
ション」。弊社の実践事例やソリューション、そして各界の第一線で活躍する方々の講演など
を、「効率良く仕事をする」「創造性を発揮する」「組織と人材を強化する」という3つの
切り口でお届けします。

【10月24日(月) 講演プログラムガイド】
A-01 9:30〜10:30(開場 9:15)
ワークスタイル改革こそ、地域の企業が成長する最も有力な戦略
講演者:サイボウズ株式会社 社長室フェロー 野水 克也 氏

A02 11:15〜12:15(開場11:00)
コミュニティデザインについて
講演者:studio-L 代表 山崎 亮 氏

A03 13:00〜14:00(開場12:45)
女性が輝く社会の実現に向けて
講演者:女優・戸板女子短期大学客員教授 菊池 桃子 氏

A04 14:45〜15:45(開場14:30)
容量無制限のコンテンツ・マネジメント・プラットフォーム「Box」の紹介
講演者:株式会社Box Japan 執行役員 安達 徹也 氏

【10月25日(火) 講演プログラムガイド】
A05 9:30〜10:30(開場 9:15)
利益体質へと導く出張・経費管理のベストプラクティス
講演者:株式会社コンカー 事業開発部 部長 阪尾 素行 氏

A06 11:15〜12:15(開場11:00)
アイデアはどこからやってくるか
講演者:TUGBOAT クリエイティブ・ディレクター 岡 康道 氏

A07 13:00〜14:00(開場12:45)
ワークスタイル変革を促進するテレワーク
講演者:一般社団法人日本テレワーク協会 専務理事 中山 洋之 氏

A08 14:45〜15:45(開場14:30)
顧客に先手のアプローチを! 〜 実践してみよう デジタルマーケティング 〜
講演者:富士ゼロックス/ビートレンド株式会社/西川コミュニケーションズ株式会社

下記URLにて、コード:D006 ナンバー:00148 を入力して申し込んで下さい。
https://event.fujixerox.co.jp/nvc2016/fukuoka/

開始時間 11時00分
前のイベント 次のイベント