ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

役員ブログ - nakamuraさんのエントリ

資格取得が趣味??(その2)

カテゴリ : 
会長ブログ
執筆 : 
nakamura 2016-6-27 9:44
続きですが
電気通信系では伝送交換主任技術者、電気通信工事担任者(アナログ1種、ディジタル1種)があります。
このセットでディジタル回線、アナログ回線、全てのPBX(交換機)等の工事、監督が行えます。

アナログ1種にはてこずりました。電気の知識は趣味からでした。そのもとは第2級アマチュア無線技士資格です。
アマチュア無線技士の世界では日本の資格所有者が約340万人いるうち第1級、第2級の上位資格を所有しているのは僅か3%しかいません。

やがてこれらの知識が仕事の上で大変役に立ち、ある意味私の人生を左右しました。
そうです。ネットワークサービスの時代に突入したわけです。
知っていますか? 50ボー、300bps、1200bps等々の呼び方で、通信サービスのビジネスを行っていました。
端末はタイプライター型でカタカタ印刷していました。初期の通信回線は電話器と電話線です。光ファイバーでの1Gbpsとは隔世の感です。

ボーとbpsとは概念が違うのですが無関係ではありません。
簡単に言えば”変調”でボーがbpsに変わります。(正確ではないかも知れませんが話を進めるうえで許してください)
ネットワーク技術者として例えば”変調”などという用語がでてきても無線の知識ですぐに理解できます。
ネットワーク時代突入の草創期に無線やラジオの知識がネットワーク技術者として大いに助かりました。

当時はエラーの原因を発見するのにディスプレー付きテープレコーダーに録音して通信内容を確認することが出来るほどのスピードでしたので
担当者の解析スキル(通信理論)で解決時間に大きく差がでました。調歩式、同期式(シンクロ) 今では聞くこともありませんよネ!!
通信機器もモデム以外の中継機器は当初外国製しかなく、しばらくして某N電気も中継機器(TDM)を開発し始めその開発に利用者側として
テスト参加し、技術者としては大変面白い経験もしました。

その他、大活躍した資格が衛生管理者です。
一般的には総務、労務関係部署での資格習得者が多いと思われますが私は父親が所有していた資格でしたので非常に若い時になんとなく取得しました。
一昨日の九州ITC合同研鑽会のメンタメヘルスのテーマの中にもでてきました。
講師が一瞬資格の名前を言い淀む局面がありましたがその資格です。
私の勤務した事業所では当初私しか資格所有者がいなかったため、必然的に衛生管理者として任命され、産業医の先生、労務関係者と本業とは全く
違う世界の方々との会議は私にとって労務系の知識習得に多いに役立ち、本当に良い経験をしました。

続きは次回に。文系の趣味を少し。

資格取得が趣味??(その1)

カテゴリ : 
会長ブログ
執筆 : 
nakamura 2016-6-20 9:48
"実は私、結構資格を持っています。
運転免許書も資格の一つと数えれば17個あります。
”100の資格を持つ女”というTVドラマがありますがそれには到底及びませんが(笑)

資格の種類というか範囲は結構広いと思っています。
IT系では皆さんの多くも所有されている情報処理技術者、勿論ITCもでした。
化学系では皆さんもご存じの危険物取扱主任者、これは町中を走っているタンクローリーのナンバープレート付近に第4類軽油500Klみたいな
表示を見たことがあると思いますが第4類は引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノールなど)が対象です。
私の所有しているのは第3類の自然発火性物質及び禁水性物質(ナトリウム、リチウム、黄リンなど)です。何だこれは??
カーバイトはご存じでしょうか。昭和の時代、お祭りで夜店に電燈代わりにトーチで明かりを灯していたのがカーバイトと水を反応させてできた
アセチレンガスを燃やしていたものです。ふるっ!! 最近??では田んぼでスズメを追っ払うのにパァンと爆発させて活用しています。
高圧ガス作業主任者(乙種化学)、高圧ガス販売主任者(第1種)も持っており、工業用のアセチレンガス、酸素ガス、窒素ガスの製造、販売も
行えます。LPGは丙種と言ってソフトの世界では上位互換と言われる関係にあります。

夏の季節がやってきます。生ビールがよりおいしい時期となります。(ごくっ)
生ビールを注いでいる付近に高圧ガスボンベが置かれているのは良く目にすることと思います。 そう、緑色のボンベです。
炭酸ガスボンベですが実は法律でガスの色が決まっています。
水素は赤、時々見かけませんか? 大型トラックの荷台全部が真っ赤な色をした長いボンベの車、酸素は黒、病院で小さい黒色ボンベを見かけ
ませんか?吸気用です。工事現場で見る人間の身長程の大きさの黒ボンベ、たいがいセットで置かれているのがアセチレンガス、茶色のボンベです。
溶接に使われます。アルゴンガスも特殊な溶接で使われますがねずみ色のボンベです。
アンモニは白色、塩素は黄色、これらのボンベが転がっていても触ってはいけません。ガスは有毒です。"
"その他のガスはねずみ色のボンベ、窒素ガス、よく見かける風船を膨らますヘリウムガス、一番多く見られるLPGが代表です。
知ってて損はしませんヨ。

ところで工業用の酸素や窒素は主に空気を大電力で圧縮して作るのですがご存じでしたでしょうか。
空気の成分は窒素78%、酸素21%、アルゴン0.9%、その他0.1%です。窒素が圧倒的です。
原料は空気を圧縮してまず液体空気を作ります。バケツに液体空気を入れますと秋の青空をもっと深くしたような真っ青な色です。
どこかで見られたことはありませんか? そう、バラの花等を液体窒素に浸してバリッバリッと音をたてて砕くのを! 瞬間に凍ります。
何と温度(沸点)は液体酸素(−183度)、液体窒素(−196度)、液体空気から沸点を利用して分離します。
液体アルゴン(−186度)なんかも希少ですが一緒に作り出します。そうそう絶対温度をご存じの方もいると思いますが−273度(0K)です。

理科の実験で酸素や水素を作った記憶がよみがえった方もいますでしょう。
水の電気分解。 小さな爆発を楽しんだりしませんでした? できた水素に火をつけて。 ポッ!! 酸素に線香を突っ込んで。 ボワァ!!

続きの資格は次回に繰り越します。

ITCに興味や目指してみたいと思われた方は福岡ITコーディネータ推進協議会(info@fukuoka-itc.jp)へぜひご連絡ください。
勉強会も九州ITC合同研鑽会と共同主催しています。
イベント案内からこれはと思うテーマがありましたら気楽にご参加ください。オンビジネスでのツールとなりますヨ。"
会長職を5/22の総会で引き継いで早くも3週間が経過しました。
一般社団法人 福岡県情報サービス産業協会(FISA)の田中専務理事兼事務局長へ栗脇前会長ともどもご挨拶に行ってきました。
少しずつ役職をこなし初めています。

さて、ご存じの方も多いとは思いますが私がITコーディネータになりましたのは2003年の事で栗脇前会長、梅田元会長とはケース研修が同期の桜です。
当時、何の案内だったかは忘れましたが弁護士とか税理士とか特別な資格所有者対象のプロフェッショナル特別認定制度(プロ特認定)があるのを知り、
経済産業省推奨の鳴物入り資格でしたので私はPMP(PMI)資格所有で応募しました。
従って私の仕事の上での得意領域となるとプロジェクトマネージメントを中心としたマネージメントだと思っています。
PMではプロジェクトマネージメントオフィス(PMO)の経験が長くスコープ(プロジェクトの目的と範囲)、契約、予算計画、コスト管理、人的資源、
コミュニケーション、リスク、調達等々、そしてマネージャー(管理職業務)が守備範囲です。
これらの知識をITコーディネーターとしてどれだけ活かしきれるかが私の課題とも言えます。

別の顔として「九州ITC合同研鑽会」の代表世話人として年3回の勉強会を継続し昨年度までで46回を数えました。
恐らくこれだけ定期的に継続している団体は全国的に見てもあまり多くはないと思いますし九州・山口地区では断トツだと思っています。
ひとえに世話人各位の献身的なサポートと参加者のご協力で成り立っており、本当に感謝の念でいっぱいです。
今回、福岡ITコーディネータ推進協議会の会長職を担うにあたって代表世話人を世話人各位の中から和田憲長さんへ引き継がせていただくことに
なりました。
研鑽会での勉強会も福岡ITコーディネータ推進協議会が共同主催者として係わっており、今後も多くの方が気楽に積極的に参加していただき、
皆さんのスキルを披歴しあい、いろんな知識を深め、将来の独立ITCの準備の一環として、また企業内では業務を推進していく上でのビジネス
ツールとして活用していただくことが望みです。

この他にも知っていただきたいことの一つとして趣味があります。
実は趣味も文系、理系、体育といろんなものがあります。

次回以降はそれらについて触れてみたいと思います。

会長職を引き継いで

カテゴリ : 
会長ブログ
執筆 : 
nakamura 2016-6-6 22:58
"この度、福岡ITコーディネータ推進協議会の会長職を引き継ぎました中村光善と申します。
長年この会を率いて来られた栗脇前会長、梅田元会長の功績と培った組織を引き継ぐのは大変重責とは思いましたが私も微力ながら
この会へ貢献したいと決断し、引き受けました。
ぜひ会員皆様方のご協力を得てこの会を益々発展させていきたいと思っています。

さて、このブログも引き継ごうと考えましたのは定期的に文章を作る作業は大変な努力が必要と思いますし頭の回転も鈍くなりつつある現状を見て、
ある種のプレッシャーを自分に与え何とか奮い立ちたいと考えました。
今まで全くこの様な経験がなく文章を書くにも何かと固くなりがちで、皆様方へ受け入れられるのかが心配ではありますが何とか頑張ってみたいと
思います。
と、言う訳でブログ初デビューです。

ここまでの文章を作るだけでも骨が折れます。(笑)
皆様方への気づきが提供できたら最高と思いながら初回のペンを置きます。

どうか皆様方、今後ともどうぞよろしくお願いします。"