ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
  • カテゴリ 未分類 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

役員ブログ - 未分類カテゴリのエントリ

福岡ITコーディネータ推進協議会 会長ブログの中村光善です。

宮里優作、初の賞金王。 逆転Vで今季4勝目。 選手会長、凄いね!! 

さて、本題です。

IoTのセンサー情報はどのようにしてコンピュターに運ばれるのでしょうか。
もちろんセンサーの種類や使用形態によって大きく変わります。

バックボーンネットワーク(有線)にはIoT−GW(ゲートウェイ)やWiFi
AP(アクセスポイント)が接続され、データの受口となります。
IoT−GWへ有線で接続されるセンサーデバイス。
IoT−GWへ無線(近距離無線)で接続されるセンサーデバイス。
WiFiAPへ無線(近距離無線)で接続されるセンサーデバイス。
この他にも無線アクセスネットワーク(3G/4G/LTE)に接続される移動通
信システム、いわゆるセルラーデバイスもあります。

移動通信システムはスマホに代表されるもので簡単に想像がつくと思います。
話は少し横にそれますがスマホをプレス機にガムテープで留めてそれをセンサーと
して利用している工場もあるそうです。これだと既存の設備の中で直ぐにでもデー
タを取得することが出来そうです。

ちなみにIBMでは無料で「スマートフォンを IoT デバイスに変身させる」
チュートリアルがあります。
https://www.ibm.com/developerworks/jp/iot/library/iot-mobile-phone-iot-device-bluemix-apps-trs/index.html

同じく「スマートフォンをセンサー兼アクチュエーターに変身させる」
チュートリアルもあります。
https://www.ibm.com/developerworks/jp/iot/library/iot-smartphone-sensor-actuator-bluemix-apps-trs/index.html
興味のある方はどうぞチャレンジ!!してください。

IoT−GWへ有線で接続されるセンサーデバイスはそれに応じた有線で接続する
だけですので問題はないと思います。

問題は無線の近距離通信です。何が問題か??
無線通信技術が多い事。 ここでも二アマのスキルが身を助ける!!

あぁっ。今回も一回では終わりそうにないなーーー。

無線通信技術で言えば
3G/4G/LTE → 携帯電話に使われているのでご存じと思います。
WiFi      → 皆さんが使用しているルータでご存じと思います。
Bluetooth → ナビでスマホの音楽が聴けたり、ハンズフリー電話が
            できたりでご存じと思います。
LPWA      → 近距離無線通信(ローパワーワイドエリア)。
NFC       → ご自分のスマホ(アンドロイド)で見た事ありません?

LPWAにはいくつもの方式がありますがこの説明は次回に行います。

さて、セルラーとか非セルラーとか聞いた事ありませんでしょうか。
また、無線を使えば電波法に規定されている範囲だと無線局の免許が必要となりま
す。その視点でライセンスLPWAとかアンライセンスLPWAとかも聞いたこと
がないでしょうか。そうライセンスとは無線局免許が必要な通信方式です。
そしてセルラーとライセンスが同じ意味で使われ、非セルラーとアンライセンスが
同じ意味で使われています。
ここを纏めると方式によっては無線局免許が必要だと言う事です。

次回はアンライセンスLPWAやライセンスLPWAの方式と方式を選ぶポイント
を説明してみたいと思います。
 
それでは次回また。

パソコンCPU(Z80) 100円!!

カテゴリ : 
未分類
執筆 : 
nakamura 2017-3-13 10:21
福岡ITコーディネータ推進協議会会長ブログの中村光善です。

侍ジャパン、辛勝。 小久保監督、死闘。 久しぶりの熱戦、見た甲斐があった。

先日、本を整理していると懐かしい「CQham radio 2001年8月」
号がでてきました。この時期になんでこのような本を買ったのか自分でも不思議。
パラッパラッと記事を見ると特別企画としてパケット通信に関する記事があります。
いわゆるディジタル通信です。
その他には上級ハム国家試験ポイント総ざらいという特別企画もあります。
交流回路におけるインピーダンスZは次の式で表される。全く忘れています。
式にはωが登場します。既に2アマだったのでこのために買ったわけではないと
思います。なんで購入したのかなー??

最初に開局したのが1976年ですから40年にもなりますネー。
当時は盛んにCQ誌を購読していました。
CQ誌はページの最後に各社の宣伝が集中して掲載しています。
広告の内容は無線機、アンテナ、電子部品、QSLカード制作、印鑑・・・
印鑑?? 昔はQSLカードへ自局のコールサインとか住所を捺印してました。

この号にも、懐かしい会社があるある。開局から25年経過していますがざっと
半分位が40年前にも広告をだしていた昔からの会社です。
ハム月販、斉藤電気商会、日本橋ハム、小沢電気商会、懐かしいなー。
広告のスタイルが変わっていません。"
ちなみにCQ出版社が発行しているのですがCQ出版自身も広告をだしています。
ポケット版 HTMLリファレンス
挑戦!脱・ホームページ作成ソフト 差がつくホームページ改造講座
無線中心の出版社がITにも進出していたのです。ビックリ。

一番思い出深いのは何と言っても秋月電子通商です。製品売りではなく部品売り。
40年前頃はZ80CPUを100円で売られていたように記憶してます。

CPUはこんなに安いのにPCになると何でいろいろな価格帯ができるのか不思議
でしたが後で解ったことはどれだけエラーリカバリー処理がなされるような設計に
なっているかでした。
実は今でもZ80CPUは使われているようです。PCではなくマイコンボードと
して機器組み込用に活躍しています。
秋月通商は現在でも基盤組み込みで部品として売られています。

当時はPCの黎明期ですので無線技術者の雑誌にPCの宣伝をしていました。
記憶違いがなければ40年前にあって15年前にはなくなっているのが本多通商、
ロビン電子だと思います。
そうです。自作パソコンでお世話になった会社です。
東京出張時には時々、状況視察に立ち寄りました。
今はどうなっているのでしょうか。

 
それでは続きを次回また。

ちょっとこい! ちょっとこい!

カテゴリ : 
未分類
執筆 : 
nakamura 2017-3-6 9:03
福岡ITコーディネータ推進協議会会長ブログの中村光善です。

ソフトバンク上林、早速やりました。勝ち越し3ラン。期待が持てます。
それにしても惜しかった。女子プロ開幕戦。川岸史果 初優勝ならず、残念。

話は変わって(今週はITが登場しません)

裏の雑木林で「こじゅうけい」の鳴き声がしています。

朝起きると最近はたいがい声が聞こえます。
ちょっとこいと言いながら中々姿を見せません。野鳥では少し大きめです。
留鳥ですので年から年中いるはずですが春から夏の朝にかけて泣いているように
思います。

もう少しすると「うぐいす」が泣き始めます。
これはもう皆さまご存知の鳴き声です。『法 法華経』
上人ではありません。無信仰だと思います。(笑)
毎年、雛が鳴き声を練習します。 ホォゥ ホホホホホッ。 かわいいです。
最初はお経を読めません。それがだんだんお経になってきます。
1〜2家族はいるようです。
知っていますか?
ホーは吸う息、ホケキョは吐く息で声を鳴らしているそうです。
うぐいすも中々姿を見せません。
思い出しました。 うぐいすと言えば糞が化粧品なんです!! 知ってました? 
糠袋みたいにして顔に塗り、洗顔していたと思います。(かすかな記憶)
私が子供の時分、友達が糞を集めていました。
確かいい値段で売れていたような記憶があります。
竹ひごの四角い鳥かごにうぐいすを飼うのが流行っていました。

今、ニユーヨークの最先端美容、なんだかご存じですか?
ゲイシャ・フェイシャルと言われているものです。
ゲイシャとついている位ですから日本を想定させます。
そうです。うぐいすの糞を使用したフェイスマスクトリートメントです。
トム・クルーズ、エマ・ワトソン、セレブなご婦人が愛用しているようです。
もちろん、現在は鳥の糞をそのまま使用しているわけではなく、乾燥させて
紫外線で殺菌の上、粉末化したものを使っているそうです。
相当に高いようです。

うぐいすとよく間違われるのが「めじろ」です。
めじろは比較的庭に飛んできます。チー、チーと鳴きます。
よく梅の花に止まっている写真なんかを見たことありません?
花の蜜が好きで花によってきます。

目白押し、ご存知でしょう。 
これ、めじろにはお互いに押し合うように、ぴったりと枝に並ぶ習性があり、
ここから来ているようですよ。

速贄(はやにえ)と言えば「もず」です。
自宅の庭木にカエルを突き刺していました。 
はやにえを体験したのは後にも先にも一度きりです。
食物は昆虫、 節足動物、甲殻類、両生類などを食べ、樹上などの高所から地表の
獲物を探して襲いかかり、再び樹上に戻り捕えた獲物を食べるようで、まるで
小型の猛禽類のようです。鳴き声はツェツェツェツェと連続的に鳴きます。

ほかにも白と黒の羽をもった鳥が庭に来ています。名前を知りません。
山鳩はしょっちゅう見ます。
そういえば最近スズメをあまり見ないように思います。
昔は身近な鳥と言えばスズメでゴム銃でよく撃っていました。
ほとんど当たりませんが。
たまに当たると焼き鳥にしていました。(生活がしのばれます)(笑)
 
それでは次回また。
福岡ITコーディネータ推進協議会会長ブログの中村光善です。

あちゃ!! 前週、掲載するのを忘れてしまいました。 無断欠席した気分です。
今年3回目の理事会を終え、忘年会をしたのでプログまで忘れました!!

さて、前回までは野球の世界ではAIのどのアプローチとなるのかでした。

結局3つのアプローチが必要になると思います。

話は少し横道にそれますが今日現在で明確に「作戦コーチ」と名付けられたコーチ
は何人いるのか調べてみました。

2017年度と2016年を確認しました。(AS OF 2016/12/26)

セリーグ(順位順)  2017年                 2016年
広島           なし                    なし
巨人           なし                    なし
Dena          なし                    なし
阪神          作戦兼バッテリーコーチ       作戦兼バッテリーコーチ
ヤクルト        戦略コーチ兼投手コーチ補佐    戦略コーチ兼スコアラー
中日          なし                    作戦兼守備コーチ

パリーグ(順位順)
日本ハム       内野守備走塁コーチ兼作戦担当  なし
ソフトバンクス    作戦兼バッテリーコーチ補佐     なし
ロッテ         戦略コーチ                なし
西武          なし                    作戦コーチ
楽天          なし                    なし
オリックス       なし                     なし

2016年度では4チームにいましたが2017年度は5チームになりました。

でもこの調査で「とんでもない発見!!」をしてしまいました。
2016年度に作戦コーチがいたチーム、全てBクラス!!
西武はそれに気づいて廃止したか??
ソフトトバンク、北海道日本ハム、ロッテは2017年に新設。大丈夫か??

ソフトバンクファンとしては今後の話の展開に不安になってきました。
しかしITCとしての評価を推測で加えつつ、話を進めてみます。

現時点では作戦コーチと言うものが緒についたばかりで完全に機能してなく、
全てがこれからなのではと推測します。
ヤクルトの押尾コーチのみがスコアラーの経験を持ち、阪神矢野コーチ、中日辻
コーチ、西武橋上コーチは選手経験のみである。
うがった見方をすると中日辻コーチが西武へ監督で復帰したため、廃止した?

今までの作戦コーチはスコアラーが記録した情報やNPB・BISが大部分だったと
推定できます。
センサー情報、動画、ウェアラブル端末から入手するディジタルデータ(IoT)量は
桁違いに全く違います。

選手の技術力向上のための情報、相手チームの弱点を探る情報、勝つための作戦
立案のための情報、球場環境改善のための情報(スタンドを少し高くすればホーム
ランが飛距離から相手チームは減るが自チームには影響が少ないとか)等、目的に
よって集めるデータが異なります。

現在の作戦コーチとは名前は一緒でも役割は全く違ってくると思われます。
と、いうのも技術データをためるだけではけしてチームは強くなりません。
機械学習で未知のルールを推論するにはデータの関連性が非常に重要です。
関連性が少ないとルールや傾向の発見する数が増えません。

このデータの関係性を定義できるかできないかが大きな分かれ目となります。

あぁっ、今回でも終わりきれませんでした。(済みません)
もう1回続けさせてください。"
 
それでは次回また。

曜日感覚がなくなります

カテゴリ : 
未分類
執筆 : 
kuriwaki 2013-5-20 7:00
 こんにちは。相変わらずベトナムの出張生活が続いています。
その中で感じたことがあります。曜日感覚がなくなる(疎くなるのです)。
考えられる原因の一つは、日常生活が単純化しているからではないでようか。

平日(月−土)のこちらでの生活をちょっと記述してみます。
日本とベトナムは2時間の時差がありますので、日本時間でいうと+2時間です。
5:20:起床(目覚ましの時間が5:20なのですが、たいがい目覚ましより先に目が覚めます)
6:00:朝食
6:25:会社のバスで工場へ通勤 7:15ごろ到着します
8:00:朝礼で午前の仕事がスタートします
12:15:昼食
13:00:午後の仕事がスタート
19:15:会社のバスでホテルへ
20:00ごろから:夕食
22:00ごろ:就寝
仕事の内容は色々あるのですが、このように生活パターンはほぼ毎日同じなのです。

 曜日感覚がなくなるもう一つの理由。
TVや新聞を意識しないからではないかと思います。
日本にいる時もあまりテレビを見る時間はないのですが、それでも曜日によって番組を少しは意識しますよね。
私は演歌が好きなので、NHKの火曜日の歌番組と、日曜日の「のど自慢」を良く見ます。
それでなんとなく曜日の意識がでます。
TV番組より毎日の新聞が曜日を感じさせてくれるのかもしれません。
新聞はTVのように曜日によって内容に差があるわけではないのですが、
やはり、日にちと曜日を目で意識するのが大きいのかもしれません。

 以前、夏休みに1週間委譲実家で過ごしたりすると、曜日感覚が薄くなっていた記憶があるのですが、それは解放感からの影響が大きかったような気がします。
今回のケースはそれとは違いますので、ちょっと不思議です。
たとえば無人島に漂流したりすると、日にち感覚も曜日感覚もさらに時間感覚も無くなってしまうのでしょね。
まー現実にはそういうことは起こりえませんが。

  ちょっとした環境の違いが色々な意識の変化を引き起こすことになるようです。
ということは、その違いを有効に活用できれば、色々なことが前向きに解決できるのではないでしょうか。
オバマ大統領ではありませんが、「Change!」して見ることだけで新たな価値が生まれるのかもしれません。
 連休を利用して阿蘇産山村(うぶやまむら)にある民宿「山荘四季眺」に行ってきました。(http://www.ggb.co.jp/hss/index.htm)
この宿を知ったきっかけは、8月に放映されたテレビ番組「人生の楽園」です。
私は知らなかったのですが、2000年からあの「いかりや長介」さん、その後「西田敏行」さんが担当されている、長寿番組だそうですね。
おもに50代や60代の御夫婦がUターンやIターンをして、第二の人生を歩む姿を、周囲の人々との交流を交えて描く。
単純なスローライフやリタイア生活ではなく、新しいビジネスや町おこしといったポジティブな仕事に取り組む人々を中心に取り上げるそんな番組だそうです。

 私の場合は家内が録画してくれていたのを見て、今回の「四季眺」を知る機会に恵まれました。今回はちょっとPRをさせてもらおうと思います。
普段あまり民宿やロッジ等に宿泊しない私ですが、今回は何か魅かれるものがあったのでしょうね。
オーナーの米村さんは、8年ほど前に長年勤められた学校の先生を辞められて、ずっと心に溜めていた思いを実現するためにこの民宿を始められたかたです。
テレビの番組の中のお話の中でも、米村さんの夢にかけてきた熱い心が伝わって来たのですが、今回直接お話をお聞きできて、さらによく理解できました。

 そのいくつかをご紹介したいと思います。
まずはお客様へのおもてなしを大切にするために、お迎えするお客様の数を制限しておられるとのこと。
料理の種類、数、そのほかの気づかいを含めると一日3組に制限せざるを得ないとおっしゃっておられました。
したがって、土日や連休であっても一定以上のお客様をお迎えできないとのことでした。
商売(売上)とは、相容れないポリシーをお持ちなのでしょう。
次は、米村さんご自身の宿泊者とのコミュニケーションです。
今回の宿泊者はほぼ同年代(と見られる)の組み合わせでしたが、初対面ですから、夕食が始まってもいきなりお互いの会話はありません。
そこに、ある程度食事が進んでくると米村さんがなんとはなしに会話に入って来てくれます。
その時の一つのこつが我々の名前を呼んでくれること。
それを繰り返していくと、私たちの間でも相手の方のお名前を覚えてきて、それを活用できるようになっていきます。
色々なビジネスコミュニケーションでもよく言われることですよね。
相手のお名前を使って会話を進める。そこに通ずるものがあったように感じました。
さらに話に入ってくるだけではなく、絶妙なタイミングでお客様同士の会話にまかせる。
無意識と思いますが、ファシリテータ術に長けておられるのでしょうね。

 一方でお聞きしたお話にはちょっとさみしい件もありました。
テレビで放映されることで、絶大な広告効果があったのは事実ですが、なかには心ない電話も結構あるものだそうです。
当然のことですが、世の中の人の価値観は千差万別ということですね。
そのような事例もお聞きすることができました。
 私たちがお付き合いさせていただく、お客様も色々な考え方/価値観/経験は多種多様です。
そのような場に活用できる、お付き合いの原点を教えていただけたような、経験でした。
皆様もぜひ足を運んでみませんか?