ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

役員ブログ - 「農業と最新IoTのコラボレーション」 第24回定例セミナーのテーマです!

「農業と最新IoTのコラボレーション」 第24回定例セミナーのテーマです!

カテゴリ : 
会長ブログ
執筆 : 
nakamura 2017-6-19 9:50
福岡ITコーディネータ推進協議会 会長ブログの中村光善です。

ホークス3連覇、セ・パ交流戦、今年もパリーグの勝ち越しで終了。
松山英樹、全米オープンゴルフ2位タイで終了。来年こそ!!

さて、本題です。

農業の世界にもITはどんどん入り込んでおり、特別なものではなくなりました。

昨年もこのブログで農業に関連するテーマを2回発信しました。
「ITがみつばちの世界を変える!!」、「ITと養蜂家」
銀座で蜜蜂から年間約1トンの採蜜が行われ、その蜂蜜を利用してのスイーツやカ
クテルも多数誕生していること。
センサーを活用して養蜂業最大のリスク”蜂の死亡”をいちいち巣箱を開けて人間が
確認しなくても巣箱の温度と湿度を常時監視してみつばちの危険性を事前に知る事
ができるようになっていること。

これらもITを活用した成功事例の一つです。
これによって何が良くなったのか?
\源困隆浜ができるようになった。
■稗圓瞭各で作業負担が軽減。
今まで手が回らなかった高付加価値の取り組みが行える時間ができた。
ぅ屮薀鵐媛修生産力の安定性、高付加価値の取り組みから可能となる。

ITを活用したIoTの世界、基本はすべての見える化の実現だと思っています。
いろんなセンサーやカメラ、音等々からの情報をITへ上げて、必要な処理を行い
その情報でいろんな事の制御を行う。つまり今まで見えなかった事を見えるように
して対策を行い数々の成果を上げる。

私たち福岡ITコーディネータ推進協議会ではこの度「農業分野」にテーマを絞っ
た第24回目のセミナーを来る7/29(土)に開催します。
詳しくは以下をご参照ください。
http://fukuoka-itc.jp/modules/eguide/event.php?eid=125

農業分野に関わるセミナーは全国的にもそう多くはなく、福岡で開催できることは
私達にとっても意義のあることと思っています。
農業を営んでいる農家の方々が多く参加いただいて農業側からの課題を突き付けて
いただき、私たちITコーディネータがそれを解決する糸口を提案するというよう
な検討会になると大変意義のある勉強会になると思います。

皆さんの周りで農業関係者がいましたらこのセミナーのご案内をお願いします。
農業関係者の方、待ってますよー。期待しています。

このセミナーのテーマと講師2名は農業とITに非常に造詣が深い方たちです。
一つは農業を効率的かつ安定的な農業経営とするための方法論とその課題を解決す
るための道具としてITを活用する。
もう一つは実践的農業IoT先進事例の紹介です。

農業のプロセスは一般企業と違うのか?
基本は同じではないでしょうか、しかし扱う情報はそれ以上かも。
生産があって、販売し、利益を上げる。構造は同じでは?

農家の生産プロセスを大雑把に見てみると’間栽培計画と天候データ、資材、肥
料、土等の管理記録及び栽培記録とPDCA、年間販売計画と販売台帳、生産物
データ、顧客データの各管理、G清畔躓と見てくるとプロセスはそんなに違わない。

一般企業は多人数でこなすが農業は少人数でこなすケースが多い。
ここにもITを活用させる余地がある。
誰が生産しても同じ品質で単位当たりの収穫が一定となるような生産方式が可能と
なる標準化が構築できれば生産者の均一なスキルレベルが必要なくなり、生産に従
事する人の幅が増え、労働人口の課題も少なくなるかもしれない。

最後にITは鍬や鎌のように道具です。
農家の道具自身も進化してきてきます。
鍬が耕運機、鎌がコンバインのように。帳面もITへ進化すべきです。
そして、IT、耕運機、コンバイン等々の道具を使いこなして農業経営を活性化さ
せたいものです。
 
それでは次回また。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://fukuoka-itc.jp/modules/d3blog/tb.php/328