ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー

役員ブログ - ソフトカバー「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

ソフトカバー「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

カテゴリ : 
会長ブログ
執筆 : 
nakamura 2017-6-12 9:15
福岡ITコーディネータ推進協議会 会長ブログの中村光善です。

宮里藍プロ、昨日のサントリーレディース、最終18番の5m程のパーセーブパッ
トを鮮やかに決めました。そしてそれを見ていた観客、全員が応援団がごとく、大
拍手でした。感動しました。
インタビューも相変わらずとびぬけた対応でいつも清々しく思います。
インタビュアーの方が声がでなくなって・・・ファンの気持ちを代行したのかな。 

さて、本題です。

数日前、掲題の新聞広告を見ました。

ハッとしました。
皆さんもなにがしか死ぬまでとは思わなくてもその時点を絶望的に思ったことはあ
りませんでしょうか。

掲題の書籍は仕事や会社に追いつめられている人がどのようにすればその状態から
抜け出し、自分の人生を大切にするために方法と考え方を描きおろしました。と、
ありました。
書籍を読んでいないので詳細は判りませんが人間は追い詰められてくると本当に普
段は簡単でなんでもない考え方が出来なくなり、更に自分を追い込んでしまいま
す。
追いつめられていない人は追いつめられている人の気持ちをなかなか忖度(心を推
測する)できないのがよくあるパターンです。ゆえになんで自殺なんかするのな
んて事を平気で口にします。

「時が解決する」、
「私が出来なければ誰かがやる。私ごときで会社は潰れない」。
現役時代、追いつめられていない時に自分に言い聞かせていました。
予防線を張っていました。

「時が解決する」、本当にありがたい言葉で何度救われたことか。

一昨日の6/10は「時の記念日」でした。
「時」繋がりで「時」にまつわる故事ことわざを調べてみました。あるある。
えっ、「時が解決する」はことわざではない!! しらなかったー。

1 挨拶は時の氏神
2 朝顔の花一時
3 朝の一時は晩の二時に当たる
4 会った時は笠をぬげ
5 あの声で蜥蜴食らうか時鳥
6 ある時は米の飯
7 ある時払いの催促なし
8 丑の時参り
9 往時渺茫としてすべて夢に似たり
10 書き入れ時
11 勝つも負けるも時の運
12 悲しい時は身一つ
13 叶わぬ時には親を出せ
14 叶わぬ時の神頼み
15 借りる時の地蔵顔、返す時の閻魔顔
16 彼も一時、此れも一時
17 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥
18 気の利いた化け物は引っ込む時分
19 金時の火事見舞い
20 草木も眠る丑三つ時
21 苦しい時には親を出せ
22 苦しい時の神頼み
23 孝行のしたい時分に親はなし
24 孔子も時に遇わず
25 子で子にならぬ時鳥
26 事ある時は仏の足を戴く
27 碁打ちに時なし
28 勝負は時の運
29 時好に投ずる
30 地震の時は竹薮に逃げろ
31 仙人の千年、蜉蝣の一時
32 銭ある時は鬼をも使う
33 即時一杯の酒
34 粗相も時の一興
35 他人は時の花
36 卵を見て時夜を求む
37 茶腹も一時
38 仲裁は時の氏神
39 適時の一針は九針の手間を省く
40 天勾践を空しゅうすること莫れ、時に范蠡なきにしも非ず
41 天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず
42 時に遇えば鼠も虎になる
43 時の氏神
44 時の花を挿頭にせよ
45 時の用には鼻を削げ
46 時は得難くして失い易し
47 時は金なり
48 時を得た一針は九針の手間を省く
49 ない時の辛抱、ある時の倹約
50 鳴かぬなら鳴くまで待とう時鳥
51 鳴くまで待とう時鳥
52 二八月は船頭のあぐみ時
53 年貢の納め時
54 上り一日、下り一時
55 花一時、人一盛り
56 化け物も引っ込む時分
57 日陰の豆も時が来ればはぜる
58 ひだるい時にまずい物なし
59 一時違えば三里の遅れ
60 人の踊る時は踊れ
61 人の情けは世にある時
62 ひもじい時にまずい物なし
63 貧乏難儀は時の回り
64 無精者の一時働き
65 ホメロスすら時に失策を犯す
66 まさかの時の友こそ真の友
67 学びて時に之を習う亦説ばしからずや
68 無常の風は時を選ばず
69 目に青葉、山時鳥。初鰹
70 雌鳥につつかれて時をうたう
71 物には時節
72 用ある時の地蔵顔、用なき時の閻魔顔
73 ローマにいる時はローマの人がするとおりにせよ
74 若い時旅をせねば老いての物語がない
75 若い時の苦労は買うてもせよ
76 若い時は二度ない

普段から何か自分に言い聞かせる言葉を持っておくのは効果的と思います。
いくら「時が解決する」と言ってもただ時間が過ぎ去るのをぼけっと待つだけでは
進歩がありません。
そういう修羅場を積み重ねて積み重ねて人は強くなると思いますので。

あのデール・カーネギーさんの名言を思い出しました。 問題は時間が解決する。

 
それでは次回また。

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://fukuoka-itc.jp/modules/d3blog/tb.php/327